アニソンを聴け!! - Listen to Anison!! -

アニソン好きなオタクのブログ。

Animelo Summer Live 2019 -STORY- 2日目 ライブレポ(前半)

8月31日にさいたまスーパーアリーナで行われたAnimelo Summer Live 2019 -STORY-2日目のライブレポート前半です。

この日強く印象に残っていることと言えば、やはりシークレットゲストとコラボの多さ!
演出も選曲も今年のテーマを色濃く反映していて、アーティストとアニメが歩んできた「STORY」を実感できるライブでした。

※セトリバレ、内容バレあります!個人の主観・感想です。MCなどは一言一句正確ではありません!

茅原実里×TRUE

Paradise Lost

お馴染みのイントロが流れると会場からは大きな歓声が。ステージ中央から出てきた堂々とした立ち姿の2人は、誰もが納得のコラボとなったのではないでしょうか。ヴァイオレット・エヴァ―ガーデンの主題歌コンビとして昨年は連続でステージをつないだ2人ですが、この一年でさらに絆を深めて高め合ってきたと感じさせる力強い歌声を披露してくれました。

茅原実里

純白サンクチュアリィ
TERMINATED

そのまま会場に残ったみのりんが披露してくれたのは、「アニサマでの茅原実里のSTORYのはじまり」という「純白サンクチュアリィ」。
アニサマ初出演時に最初に披露したこの曲を、当時の映像をバックに歌い上げました。映像と実際のパフォーマンスを同時に見ていると、メロディーのノリ方や振りは今も昔(?)もみのりんそのものですが、この日のほうがより「茅原実里」というアーティスト性が確立し、ホーム感を得て立っているような柔らかく優しい表情に感じられました。客席の白一色になったペンライトもそんなみのりんを温かく見守っているようでとても美しかった!

続く「TERMINATED」はランティス祭りでも披露してくれた盛り上がれる一曲!
伸びのある高音の響きが心地よいみのりんの歌声を堪能できる締めくくりでした!

「新曲はやらないのか…」と思いましたがあとでしっかりヴァイオレット・エヴァ―ガーデンコーナーもありました!

畠中祐

not GAME
カサブタ

2人のダンサーを率いて登場した佑くん。(名前は”たすく”と読みます!)2017年にはキンプリの一員としてアニサマのステージに立っている彼ですが、アーティストデビューを果たし、ソロで戻ってきてくれました!
fhánaの佐藤さん作曲の「not GAME」をダンスも魅せながらキレキレに歌い上げてくれました!

MCでは男性が多いことをネタにしながらも「めっちゃあったかいじゃないですか~」と緊張を逆に楽しむかのような雰囲気で次の曲へ。
「昔は”大人になれない僕らの―”という歌詞の意味が分からなかった」とカバー曲の歌詞を引用すると、会場からは大きな歓声が。
名曲「カサブタ」をカバーし、少年漫画を楽しむ純粋な時代を思い出しながらちょっと切なくも元気をもらえる時間となりました。

鈴木みのり

FEELING AROUND
ダメハダメ

中華感?ラーメン感?のあるイントロで会場は一気に緑色に!去年「ネギのみのり」ってアピールしまくった成果が出てよかった!(?)
去年のアニサマ初出場はもちろん、アニマックスミュージックスやリスアニなど、この一年フェスを制覇してきた自信が感じられたのはもちろん、自分の魅せ方を理解しすぎていて一気に鈴木みのりの世界に引き込まれました。

MCでは新曲「ダメハダメ」のコール指導を行いました!ワルキューレの時からみのりんごのコール指導は厳しいので最低3回はやらせるスパルタっぷりを本日も発揮しました(笑)
曲が始まると「ダメ?ダメ!ダメ!ダメ!」というキュートなささやきからセリフのような言い回しまで、さすが声優という表現力と共に、観客にクラップを求めて一緒に楽しむ姿が印象的でした。

余談ですがフライングドッグ、ワルキューレのメンバーである東山奈央と同じく、「”声優・歌手”の鈴木みのりです!」という自己紹介がとても好きです。

寺島拓篤

Nameless Story
Buddy, steady, go!(×ウルトラマンタイガ)

疾走感のあるメロディーとアニメ映像の演出はこの一年アニソン系フェスを制覇した身としてはすっかりおなじみで、「キター!!」と思わせてくる1曲になりました。男性アーティスト曲の中でも相当UOが光る曲だと感じています!

2曲目の新曲「Buddy, steady, go!」はアリーナ、200レベル、300レベル以上の席で赤・青・白にペンライトのカラーを分けたり、コール箇所があったり、曲の後半にはウルトラマンタイガが出てきたり、1曲にこれでもかと見所を盛り込んだ演出で楽しませてくれました!!

RAISE A SUILEN

UNSTOPPABLE

バンドリから演奏技術も折り紙付きのRAISE A SUILENがついに登場!ということで一人ひとり堂々とした足取りで登場すると、「私たちこそが最強!」という意気込みが感じられるような力強い演奏と歌で会場を引っ張っていきます。

弦巻こころ&ミッシェル+RAISE A SUILEN

せかいのっびのびトレジャー!

さて、RASの次の曲は…というところで可愛い声がしたかと思うと、弦巻こころ役のみっくがサプライズで登場!そしてミッシェルもてくてくと歩いて登場!
ハロハピなどのバックバンドを務めたことから始まったRAS結成のルーツから、バンドとして確立した現在までのSTORYが感じられる展開となりました。

大原ゆい子

ゼロセンチメートル

アニメ「からかい上手の高木さん」の高木さんによるナレーションのあと、会場の後ろに作られたスペシャルステージに登場した大原ゆい子はギター演奏と共に透き通る歌声を披露してくれました。優しい微笑みと歌声が心に染みました。。

高木さん feat. 大原ゆい子

気まぐれロマンティック

再び画面に映った高木さんが「私も歌いたくなった」的なことを言い出したので会場が「え?」という雰囲気になっていると、高木さん役のりえりーがサプライズで登場!!高木さんが来た驚きと、「今日のシクレ2人もいるのか!」という驚きが重なって大歓声が起こりました!
そして「気まぐれロマンティック」を大原ゆい子のキーボードをバックにカバー!2万8千人をしっかりからかっていく高木さんさすがでした!

栗林みな実

Next Season
Crystal Energy

10年以上前の楽曲にも出会えるのはこういったフェスの醍醐味かなと思っています。
正直、栗林みな実楽曲はよう実のED以外全部フェスで聞いて知った私です。そして気づくとカラオケの十八番になっている…。

MCは恒例のテーマについてのお話があるのですが、それよりも「栗林みな実です。」という挨拶を聞いたときはグッとくるものがありました。
GRANRODEOツアーのため瀧田さんと飯塚さんがおらず、「ステージが広く感じる」と語る彼女でしたが、2曲目は飯塚さんが編曲した曲を選んだそうで、「Crystal Energy」をアニメ映像をバックに披露してくれました。
一人ステージに立って歌う姿がメロディーや歌詞の切なさをより引き立たせていて、アニメで戦うヒロインのようにこの世界で戦ってきた「栗林みな実」がライブが終わった後も目に焼き付いています。

奥井雅美×栗林みな実

輪舞-revolution

もうこのイントロが流れた瞬間崩れ落ちました。。。比喩ではなく本当に。。。
奥井さんがどこかで「自分の歌詞に反しない人間でいなければと思っている」と語っていた記憶があるのですが、まさにこの曲はアニソンでありながらもそんな奥井さんの姿を歌っているような曲ですよね。そしてそんな奥井さんの後を追ってきた栗林みな実が歌うことで一層歌詞のメッセージ性がより強まる…本当に最強のコラボでした。

アイドルマスター SideM

DRIVE A LIVE
LET’S GO!!~RAY OF LIGHT~Legacy of Spirit
PRIDE STAR

「ずっとずっとその先へ――」という歌い出しでセンターステージからせり上がってきたのはアイドルマスターSideMのメンバー8人!
そして身にまとうのはつい先日お披露目となった5周年の衣装!!!客席もSideMポーズやコールなどで待ってましたとばかりに盛り上がりました!
MCではキャラのセリフと共に自己紹介をしてくれました。始めましてな感じで自己紹介をしてくれたてらしーはキャラクターを背負っている声優と先ほどのアーティスト寺島拓篤ときっちり線引きしていてプロ意識を感じました。マイペースで柔らかい雰囲気のLegendersのメンバーは歌うとかっこよくてこのギャップがたまらないので自己紹介というかセリフが聞けて満足する私でした。

2曲目以降はメドレーを披露。「LET’S GO!!」はいわゆる属性曲で、SideMはフィジカル(赤)、メンタル(黄色)、インテリ(青)という属性があるのですが、こちらはそのフィジカル属性の曲。SideMのW主役とも言える天道輝(CV.仲村宗悟)と天ヶ瀬冬馬(CV.寺島拓篤)の2人による歌唱はアツかったですね。

メドレー2曲目はTHE 虎牙道の歌う「RAY OF LIGHT」。SideMはユニットがあるにも関わらずTHE 虎牙道は全員フィジカル属性なアツいユニットです!アクロバットで格闘技のようなパフォーマンスが印象に残っている方も多いのではないでしょうか。元格闘家ユニットということでユニットの個性を存分に発揮していたと思います。

そんなTHE 虎牙道のカラーが際立ったのも、次に「Legacy of Spirit」を歌ったLegendersがまた毛色の違うユニットだったということも大きいかもしれません。クールで大人っぽい3人が歌う「Legacy of Spirit」は大人の色気も漂わせてくるし心臓に悪い(笑)
声も目線(これは本当にけしからん最高)も強気でクラクラしました…。

長くなってしまいましたが最後に全員で披露した「PRIDE STAR」は5周年の新曲。存在自体が1週間くらい前に発表されたので聞けたことすら驚きです!それぞれの強い個性輝くアイドルたちが歌っている姿は夜空に輝くキラキラした星を連想させるようで素敵な曲でした!
アニサマ出演をきっかけにSideMを知った私ですが、アイドルが数々のステージを経て成長していくように、実際の声優さんたちのパフォーマンスも多くの舞台や、時には失敗も繰り返しながらどんどんレベルアップしていく姿を追いかけることができ、気づくと夢中になってしまいました。
来年にはドームライブも決定しているなど、さらなる進化と活躍が期待できそうですね!

前半終了!

すっごく長くなったので前半・後半に分けました。
ありがたいアドバイスも頂き、舞台少女のように私のレポ力も日々進化しているということで…

ご意見や感想がありましたらマシュマロまで頂けると飛んで喜びます!

では、後半に続く…

/ / / / / / / / / /